toggle
2017-10-06

ゆるめの薄毛対策用食生活でストレスフリー

学生時代、薄毛対策としてよくワカメや昆布を食べていました。その頃はまだ、ワカメや昆布は薄毛に高い効果があると巷では信じられていました。ピーク時は朝昼晩の3食全てで海草類をモリモリと食べていましたが、ある時友人に「海藻にそんなに効果があるなら港町に薄毛の人は居ないはずだ」と言われ、また、海藻の食べすぎなのかお腹がゆるくなったこともあり、それ以降現在まで海草類はほどほどに食べるようにしています。
今では、薄毛や頭皮に効果のある物を食べるというよりも、薄毛や頭皮に良くないとされている食事方法は避ける、という考えで3食を摂っています。脂っこいもの、過度の香辛料、大食い、深夜の飲食などは避けて、野菜を多めに摂りバランスよく食べるようにしています。また、「絶対にダメ」という訳ではなく時々は脂っこいものを夜遅くに楽しむこともあります。今の自分にとっては「〜を食べると効く」といって必死になるよりも、こんなゆるい感じの薄毛対策の食事の方がストレスを感じません。

関連記事